みなさんはふだん腹圧を意識していますか?

腹圧とは、文字どおり、お腹の圧力という意味です。この腹圧の働き具合というのは、健康の考えるうえで、大切なポイントの一つになるといいます。

私たちのお腹には、骨格がありません。人間の各部位は骨格によって支えられていますが、お腹にはないのです。

お腹の中には、いろいろな内臓が詰まっていますが、骨格がないため、本来であればペチャンコにつぶれてしまうはずです。

しかし、そうならないのは、腹圧のおかげです。腹圧が働くことで、「腹膜」という袋が膨らみ、その中にある内臓がつぶれずに済んでいるのです。

腹圧が弱くなると、お腹の袋も縮んでしまい内臓も圧迫されてしまいます。さらに、血管や神経も圧迫されるので、血流や代謝も悪くなります。

また、腹圧は腰痛とも関係しています。腹圧が不十分だと、内臓が前に出ようとする力が強まり、腰に負担がかかるからです。腰痛になりやすい人は、腰痛になったことがない人に比べて、腹圧が40%も弱いというデータもあるそうです

さらに、腹圧が弱いと下腹ポッコリの原因にもなり、美容やダイエットの面からも良くありません。

では、どうすれば、腹圧を強くすることができるのでしょうか?

それには、腹圧を「意識」することがカギになります。腹圧をもたらすのは、お腹の内側にあるインナーマッスルという筋肉です。

このインナーマッスルは、激しい腹筋トレーニングなどをしなくても、ふだんからしっかりと意識をすることで、自然に強化できるとされます。

へそヒーリングは、お腹のインナーマッスルに対する意識を目覚めさせるのに役立つ健康法です。お腹の中心に位置するおへそを刺激することで、お腹にエネルギーを集め、腹圧をしっかりと働かせる習慣をつけることができます。

http://hesohealing.com/2017/06/02/blog-76/

イルチブレインヨガ八事スタジオ

0528366567