わたししたちの体の中には、

「細胞」よりも「細菌」のほうが
多く存在しているって、ご存じでしたか?

それを聞いて、体の中を無数の細菌が
這いずり回っていることを想像して
「気持ち悪い!」なんて言わないでください。

これらの細菌たちがいなければ、
そもそも私たちは生きていけないのです。

体の中にある無数の細菌は、
消化や免疫、新陳代謝、ホルモンそして、
精神の状態に影響を与えます。

人間のすべての機能は、
細菌と関係しているといっていいでしょう。

体の中で細菌が圧倒的に多く
生息しているのが、「腸」です。

腸の中にいるたくさんの善玉菌たちを
いかに元気にしてあげるかが、
健康のカギを握ります。

そこで、今回は、
腸内細菌を元気にするための方法を
紹介したいと思います。
(1)プロバイオティクスとプレバイオティクスを摂る

健康に良い影響を与えてくれる
微生物を「プロバイオティクス」といいます。

そして、このプロバイオティクスの
働きを助ける物質のことを
「プレバイオティクス」と呼びます。

プレバイオティクスは、新鮮な果物や
野菜に多く含まれています。

リンゴ、バナナ、タマネギ、ニンニク、
アーティチョーク、豆類などが代表例です。

また、プロバイオティクスは
発酵食品で摂取できます。
ピクルス、ヨーグルト、キムチは、
プロバイオティクスが豊富です。

毎日の食事は、
健康にとって最も重要な要素です。

加工食品や遺伝子組み換え
食品を毎日食べていると、
腸内細菌は弱体化します。

食事を少し変えるだけで、
体に大きな変化が訪れるはずです。
(2)自然に触れる

自然界の土壌や水、空気の中にある
微生物と接することで、私たちの
免疫システムが持つ抵抗力は高まります。

1日1回、外で20分歩きましょう。
庭いじりをして手を汚しましょう。

家や車の窓を適宜開けて
換気をすることも大切です。

母なる地球は、健康のために
必要なものを提供してくれます。
(3)へそヒーリングをする

へそヒーリングは、お腹をほぐして
腸に刺激を与えるとともに、
体内の血流をスムーズにするのに役立ちます。

血行を良くして、体の余分な老廃物や
毒素をしっかりと取り除きましょう。

★へそから始まる健康法 へそヒーリング
http://earthcitizen.jp/hesohealing
いつまでも健康でいるためには、
腸内の善玉菌の働きを活発にして、
悪玉菌を意識的に減らすことが
キーポイントになります。
今回紹介したような取り組みを
習慣にすることで、
腸内細菌は私たちの体のために
もっと貢献してくれるはずです。

イルチブレインヨガ八事スタジオ

0528366567