「目覚めの春」がやってきました。

日々の行動パターンを変えるチャンスです。

夢や大きな目標を達成するには、

ふだんの一つ一つの行動と

意識を変える必要があります。

すなわち習慣を変えるのです。

飛躍的な進歩はそこから生まれます。

習慣を変え、

現実を変えるための

5つのステップを紹介します。

ステップ1:今日の行動を決める
一晩中「こうしようか?」

「あれでいいのか?」などと

考えるのは非生産的です。

そんなときはさっさと寝てしまいましょう。

そして、朝になったら

「今日何をすべきか」決めてください。

小さなことから具体的に始めましょう。

ダイエットしたいとか、

もっと健康になりたいと思っているなら、

「今日は新鮮な野菜を食べ、運動しよう」

と決意します。

ポジティブな意欲で満たされた脳は、

あなたと戦うのではなく、

あなたと一緒に働いてくれます。

ステップ2:脳に変化を与える
あなたの脳は、

無限の変化を起こすことができます。

変化のための仕掛けは

脳の中にあります。

ただ、脳を働かせるためには、

あなた自身が脳に

アプローチしなければなりません。

日々の行動を変えることで、

脳の回路基板が再配備されます。

新しい脳回路が、

新しい習慣をつくりだすのです。

最初は難しいと感じることでも、

何度か繰り返しているうちに、

新しい脳回路が作られ、

当たり前のようにこなせるようになります。

ステップ3:願望のビジュアル化
あなたの心の中に

映画館のスクリーンが

あると思ってください。

そこに、あなたが自分の夢を

かなえている姿をうつしだしましょう。

夢や願望をビジュアル化するのです。

すると、脳はその映像が

「現実に起こっている」ことだと

勘違いして、そのために必要な

資質を引き出してくれます。

目を閉じて、想像力を駆使して、

あなたが望むものを

具体的に思い描きましょう。

ステップ4:未来を選択
あなたの脳はいつも

古い習慣に戻ろうとします。

そんな脳の習性に注意を払いながら、

それとは逆の方向に

進むことを選択しましょう。

古い習慣に縛られるのでなく、

新しい習慣を創造していくのです。

心の中から否定的な考えを排除し、

目標に向けたアクションを

起こすことを日々選択してください。

ステップ5:小さな達成に報いる
小さな「勝利」の積み重ねがないと、

大きな目標は達成できません。

たとえ小さなことでも、

自分が何かを達成したときは、

報いてあげるべきです。

そうすれば、

脳は喜んでもっと働いてくれます。

小さな達成とご褒美を繰り返せば、

必ず素晴らしいことが達成でき、

人生をデザインする

真の力も得られるようになります。

 

新しいスタートはじめませんか?

 

イルチブレインヨガ八事スタジオ