話題の、皿まわしエクササイズ^^

 

今日はその効果についてお伝えします♪゜・*:.。. .。.:*・♪

 

皿まわしの効果の一つとして注目されているのが、コアマッスルの強化です。コアマッスルとは、胴体の内側にある筋肉のことで、とくに、背骨や骨盤周辺のインナーマッスル(深層筋)を指します。

通常の筋トレでは、表側の筋肉は鍛えられますが、コアマッスルは十分に強化できない場合が多いです。皿まわしでは、低強度でゆっくりとした動作を繰り返すことで、内側の筋肉の弾力性が高まり、コアマッスルを鍛えていきます。

中でも、お皿を持った手を回転させながら、重心を前後に移動する動作は、コアマッスルの強化に役立つとされます。この動作によって、背骨や骨盤周りの筋肉が刺激され、関節の可動域も広がります。

お皿を持った手を回転させながら、重心を前後に移動する動作は、コアマッスルの強化に役立つとされます。
■バランスの回復
私たちの体は本来、左右のバランスが取れているべきものです。しかし、実際には左右対称の人はほとんどいません。生活習慣や仕事の関係で、一方にかたよった姿勢を取り続けることが多く、その結果、筋肉のつき方などに偏りが生じます。

筋肉のバランスがくずれると、それによって連鎖的に臓器、血管、神経、リンパ系に影響を及ぼし、結局全身のバランスが崩れやすくなります。

皿まわしでは、体の左右の関節、筋肉、靭帯をまんべんなくほぐし、強化することで、全体的なバランスを取り戻していきます。

■冷えの改善
冷えやすい体質の人は、血液や気エネルギーの流れが滞っている場合が多いです。皿まわしは、気の通り道である「経絡」を活性化し、気血循環を改善。冷えに起因する痛みも緩和されることが期待できます。

 

体験会やっています(*゚▽゚*)

 

お友達と、家族で…などなど、お気軽にご参加下さいね☆彡

TEL:052-836-6567