頭痛の大部分は緊張性頭痛ですが、これは筋肉収縮からくるという特徴があります。不安や緊張などの心理的、感情的なストレスが原因で筋肉が過度に緊張することにより、血管や神経を圧迫して痛みにつながり、体の症状として現れたものです。

筋肉収縮性頭痛(緊張性頭痛)を引き起こす原因の中でも多くを占めているのがストレスと緊張です。心身をリラックスさせると共に緊張性頭痛を引き起こしている筋肉を探してほぐし、全身の血液と気エネルギーの循環を高めることは、頭痛の緩和に役立ちます。

皿まわしをすると、ストレスで詰まりやすい任脈がほぐれて楽に呼吸できるようになり、心身を安定させます。そして頭痛誘発の原因となる首や肩のコリをほぐし、脳への気血循環を促し、頭痛の緩和を促します。