そうなんです!

心臓の活性化に効果的~健康法

「上半身を前に倒す体操」

心臓と小腸に良い効果をもたらす健康法の体操をご紹介します。お家で座ってできる簡単なストレッチ体操です。

◆心臓の働き
全身に血液を行き渡らせる、ポンプのような役割を持つ心臓。

心臓は、握りこぶしくらいの筋肉でできています。

筋肉がしなやかに伸び縮みすることで、エネルギーや酸素を受け入れ、老廃物を運び出します。

生を受けた時から死ぬまで、休むことなくリズムを刻み続ける大切な臓器です。

◆心臓が弱まると感情も不安定に
心臓が弱くなると、イライラが募り、頑固で神経質になります。

感情が不安定な時に分泌されるホルモンには、動脈を収縮させる働きがあるため、高血圧や心臓の動悸を招くリスクも高まります。

東洋医学では、喜びすぎの感情ですら、心臓に負担をかけると考えられています。

◆こころも体も柔軟に
今回、ご紹介する体操は、心臓の筋肉を鍛え、血管の弾力性を向上させるエクササイズです。

全身へのスムーズな血液循環を促す効果があり、小腸の活発化にも効果的です。
体操は、動き始めに息を吸うのが基本ですが、心臓に疾患がある人は、動き始める時に息を吐き、元の姿勢に戻る時に息を吸うように心がけて下さい。

☆心臓と小腸に良い運動
1. あぐらを組んで座り、手を首の後ろで組みます。息を吐きながら、額が床につくように上半身を前に倒します。
2. できるだけこの姿勢を維持します。
3. 息を吸い、胸を開くようなイメージをしながら元の姿勢に戻ります。

みなさんもぜひやってみては?

イルチブレインヨガ八事スタジオ

0528366567